日本ウェルネス再生クリニックロゴ画像 Team Dr. Yamamoto Hair

LLLT(低出力レーザー治療)LLLT・Low Level Laser Therapy

【 LLLT 】
副作用のない安全な育毛レーザー治療法

LLLTとは何か⁇

作用機序:
特定の波長の光が細胞内のミトコンドリアに作用し、①抗炎症作用、②治癒促進作用、③成長因子産出作用、④血流促進作用、⑤毛包細胞活性化作用などを発揮します。

1.最大の利点は、副作用がないことです。特に、女性では使用しやすい治療法です。

2.毛髪の成長期を促進することによって、毛髪数の増加が期待できます。

3.薬剤との併用治療として用いると効果的です。

4.大きな効果は期待できないものの、毛髪を維持するという点に関して非常に重要な治療法の1つです。

1.LED超狭帯域照射装置:ミニョンベルLT-1

大型低周波レーザー装置

ミニョンベルLT-1は、ミニョンベルクリニックの小笠原正弘先生が開発した超狭帯域LED(N-LED)光照射装置です。
毛包細胞の活性化を促進することによって育毛・発毛効果が期待できます。単独治療において発毛効果も証明されている唯一の国産機器です。
赤色中心波長は627nm、半値幅は10nm(通常は20nm)です。

ミニョンベルLT-1の特徴

バラツキの少ない光源の確保
光源ユニットの作成において特別な工夫をすることで、中心波長のバラツキが少ない光源を確保できます。
狭い半値幅を実現
特殊フィルターで半値幅を10mm前後にしぼることで、最も効果的な光を確保できました。
面照射(点状照射ではありません)
特殊フィルターでしぼった効果的な光を凹レンズにより拡散照射し、バラツキのない光を広範囲に照射できるため、短時間で非常に効率の良い光治療が可能となりました。

2.携帯型低周波レーザー装置

携帯型低周波レーザー装置

携帯型低周波レーザー装置は、自宅でもできる育毛治療機器です。わざわざ通院しなくても気軽にどこでも好きな時にできるというhome-use deviceです。
キャップ型(Cap)、ブラシ型(Comb)、バンド型(Band)、ドライヤーと種々のタイプがあります。また、レーザーダイオードの数、照射時間、エネルギー量や波長など製品によって性能が様々です。
世界中で多くの製品が発売されており、どの製品を採用するか迷うかもしれません。以下に、代表的な製品を掲載しています。

代表的な携帯型低周波レーザー装置

Capillus®
私は、Capillus202TMとCapillusRXTMを使用しています。性能自体も考慮した方がよいのですが、照射時間が6分タイプのものがやっぱり楽です。
HAIRMAX®
LaserComb, LaserBand, Flexible Capと種々のタイプのものがあります。
Aderans(アデランス)
ミニョンベルLT-1を開発した小笠原正弘先生が開発したN-LEDを使用しています。ドライヤー「ヘアリプロ N-LED sonic」、Cap「ヘアリプロLEDプレミアム」など数少ない国内製品を発売しています。
お電話
WEB予約
LINE予約
WEB
予約
LINE
予約