2023年2月のお知らせです! 症例解説等指南集に3症例を追加しています。 ぜひ、ご参考ください!

AGAエージーエー(AndroGenetic Alopecia)は、性差によって『MAGA』(Male Gndrogenetic Alopecia: 男性型AGA)と『FAGA』(Female AndroGenetic Alopecia: 女性型AGA)に2分類されます。
AGAの脱毛パターンは典型的で、MAGAは左右対称に生え際とM字から後方に向かって脱毛が進行したり、つむじ上から前方に脱毛が円形に進行していきます。
FAGAでは生え際部の頭髪を残しながら頭頂部を中心に薄毛が進行していきます。

HAGEハゲ(Human AndroGEnetic alopecia)とは、上記のAGAに加えて、老化の影響による薄毛の進行を考慮に入れた脱毛の進行形体を示し、私がこのように呼称したものです。高齢化社会を迎えたことからAGAのみならず、老化の影響も十分に考慮する必要があるからなのです。

これらの脱毛症は、近年の医学的進歩により、薬物治療(内服、外用、メソセラピー、再生治療)の早期開始と外科的治療(自毛植毛術: FUE or FUT)の併用によって多くの方々が治療可能な時代になりました。
植毛術を行う場合は、FUEとFUTの2つの方法の利点と欠点を十分にご理解の上、選択してください植毛術を行う場合は、FUEとFUTの2つの方法の利点と欠点を十分にご理解の上、選択してください
FUE
FUE

FUEは、”Follicular Unit Excision”の略です。
この名称は、毛穴単位で移植グラフトをくり抜いて採取するという意味です。

グラフトの採取部のキズは1つ1つが小さく、また移植グラフトも小さいため、高密度移植が可能となります。術後も痛みが少なく非常に楽な方法です。

しかし、現時点における種々の最新機種を用いて施術を行っても盲目的採取法であることには変わりなく、状態の良いグラフトがどのくらい採取できるかは、(特に日本人では)個人差によって大きく違ってきます。
この点に関しての説明がなされずに安易にFUEが行わることも多いので、術前に十分にご理解していただく必要があります。

詳細はクリック
FUT
FUT

FUTは、”Follicular Unit Transplantation”の略です。
これは、後頭部から採取した塊状のドナー組織を顕微鏡下で1つ1つの毛穴単位の移植グラフトに作成する技術です。
極めて精密な技術を習得するためには長期間の修練が必要な技術です。

高度な技術を行う場合に限ると、”ドナー組織の生存率100%”と”移植グラフトの損失ゼロ”を目指すことができる技術になります。
したがって、ドナー組織を少しでも失いたくない方におすすめの治療法となります。ただし、高度な技術ゆえにきちんと施術できるクリニックが少ないことが難点です。

詳細はクリック
doctor

院 長

山本 一仁
Kazuhito Yamamoto

経歴

1991年:
京都府立医科大学卒業、京都府立医科大学第一外科入局
2002年:
社会保険神戸中央病院外科医長
2003年:
植毛専門クリニック・ビバリーヒルズクリニック院長
2010年:
ウェルネスクリニック大阪梅田院院長
2016年:
毛髪再生センター ウェルネスビューティクリニック大阪院
(旧梅田美容山本クリニック)院長
2017年:
日本ウェルネス再生クリニック
(旧ウェルネスビューティクリニック大阪院)院長就任
ウェルネスビューティクリニック
ウェルネスビューティクリニック
所在地 〒530-0057 大阪府大阪市北区曽根崎2-15-29 ADビル梅田9階
アクセス方法 JR大阪駅より徒歩約7分 阪神梅田駅より徒歩約3分 地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩約3分
★梅田地下鉄の「泉の広場」M13番を出てすぐ
施術内容 自毛植毛、発毛メソセラピー、PRP、LED治療、各種薄毛治療薬の処方、各種検査、その他。
診療時間 全日 10:00~19:00[完全予約制]

ご予約ご相談はこちら

0120-484-425

受付時間:全日 10:00~19:00