クリニックロゴ画像 Team Dr. Yamamoto Hair

刺青(Tattoo)のある前頭部への植毛術『違和感のあるタトゥーも馴染ませたい!』

Lesson2.脱毛を隠すために点状のタトゥーがある前頭部への移植術 :FUT 1500グラフト

50歳代後半、男性。点状タトゥーのある前頭部への移植。
FUT、1500グラフト。
術後の薬剤治療は行わない症例。

術前・術後写真【術前】
HN分類(➡ 男性のAGAのHN分類表をご参考ください。):4型。
”髪の毛を多くしたい”というご希望でご来院されました。
診察してみると、驚いたことに前頭部に点状のタトゥーが施されていました。私自身はかなりの違和感を感じるのですが、当のご本人はあまり気に止めていない様子でした。

なお、この点状のタトゥーは、頭髪のカモフラージュとして行われるSMP(Scalp MicroPigmentation)とは全く違うものですので、ご注意ください(➡ SMP & アートメイクをご参考ください)。タトゥーの場合は、黒色の色素を使ったとしても青光りしてしまいます。

薬剤の使用:AGA脱毛進行予防に対する薬剤は使用しないとのことです。
遺伝的素因:母方のタイプは4~5型まで進行しています。
ドナーの状態:ドナーの状態はやや低密度ではありますが、ご年齢的には比較的良好です。
術式の選択:年齢的にFUEを行うのは不向きです。ご本人も納得して、当院の方法でのグラフト損失が全くないFUT(FUSS)の術式を選択しています。


【手術評価】
移植デザインとタトゥーの修正:この症例では、不自然なタトゥーがあるので、以下の点に注意してデザインする必要があります。

  • タトゥーが目につかないようなデザインにする。
  • できればタトゥーを利用できるように工夫する。
  • タトゥーのデザインはM字部が丸い不自然な生え際ライン(矢印)なので、男性的な生え際デザインになるように工夫する。

以上の点に注意してデザインを考えます。
生え際を正面から見た場合、前列にあるタトゥーが見えにくいであろうタトゥーの前面に生え際のラインを少し下げて移植する必要がありそうです。こうすることによって、生え際のラインを見せるようなヘアスタイルにしたとしても、タトゥーは移植毛に隠れて見えず、また、タトゥーのある部分はタトゥーの濃さを生かすことができます。ただし、あまりにも大きくて丸いタトゥーは不自然なので、一部除去して移植グラフトに置き換えることとしました。

問題は、タトゥーされている生え際のデザインがM字部で丸くデザインされていることです。このM字部のタトゥーを隠そうとして間違ってM字部を丸く出して前方に移植してしまうと、生え際のデザインが”子供の生え際のデザイン”となってしまうのです。そういうわけで、M字部の丸い部分のタトゥーで特に大きく目立つものは術中に除去することとしました。
かなり面倒な手術になりそうです(汗)。


【手術結果 - 術後6ケ月目】
移植部:術後6ケ月目で、ほぼ結果がわかる程度に達しています。不思議なことに、私から見れば、この時点で結果はかなり良好と思われるのですが、患者さんはご来院時に、
”まだ生えていないようです!”
と述べていたようでした。
実際には、患者さんが術前写真と見比べて不思議そうな顔をしていたのが印象的でした。


【手術結果 - 術後1年目】術後1年後写真
移植部:1年目の結果を違う角度から見てみましょう!
真中で分け目をつくると、移植部とそうでない部分の差がはっきりとわかります。目につかない部分は、タトゥーも効果的に作用しているようです。
ドナー部:ドナー部は線状のキズとなっていますが、当院の技術により、この症例でも、わからないキズとなっています。
美容室などへ行ってもわからないレベルですので、植毛したことすらわからないでしょう(ああ。良かった~)!


(2022年9月 K. Yamamoto記)
お電話
WEB予約
LINE予約